市販のピザが本格ピザに10倍美味しくなる方法!3つの裏技!

   

市販のピザを本格ピザに変身させる方法です!

この方法は得する人!損する人で紹介されました。

スーパーなとで売ってる市販のピザ安くて美味しいですよね!

でも

ちょとの手間を加えるだけでピザ窯で焼いたような本格ピザに変身するんです。

この方法は知らないと損ですよ!

裏技1 

ピザ窯のように焼く裏技!

ピザ窯と家庭の調理器具の違いはやはり火力です。

ピザ窯の温度は500度くらいになります

オーブンやトースターはせいぜい300度くらいにしかなりません。

ピザ窯にもっとも近い調理器具は

魚焼きグリルなんです。

その温度は400度くらいにまでなります。

ピザが焼き上がるときの熱の伝わり方も魚グリルとピザ窯はよくにているんです。

魚焼きグリルでピザを焼くと家庭で本格的な美味しいピザを食べられますよ!

魚の臭いがピザにつかないの?

と心配になりますが大丈夫です。

臭いがつかない理由!

ビザ生地は焼き上がるときに水蒸気を発します。

その水蒸気が魚の臭いを上に押し上げてよせつけないのです。

注意していただきたいのは

ビザが焼き上がってすぐに取り出さないと臭いはついてしまいます!

裏技2  

香ばしく焼く裏技!

これはプロも使う技です。

ピザ生地のみみにオリーブオイルを塗ります。

更に!

ピザ全体にかるくオリーブオイルをふりかけます。

これでみみがカリカリで香ばしいピザが焼き上がるのです。

裏技3 

ピザがひっつかない裏技!

ビザを焼くときにアルミホイルを敷きますよね!

焼き上がったとき生地がひっついてしまい

せっかくのピザがグシャグシャになった経験ありませんか?

せっかく美味しく焼けてもいざ、お皿に盛る段階でグシャグシャはつらいです!

そんなときの裏技が本当に超簡単です。

アルミホイルをグシャグシャにする!

たったそれだけです。

グシャグシャにすると表面に凹凸ができるのでひっつきにくくなるのです。

この3つの裏技を使えば市販のピザがもっと美味しくなります。

スポンサードリンク







 - プロのレシピ