プロのマル秘レシピ!ぶりの照り焼きと鯖の味噌煮!この差ってなんですか!

   

このレシピは永久保存版です!

プロのぶりの照り焼きレシピ!

このレシピはこの差ってなんですかで紹介されたものです。

プロのテクニック①

普通は買ってきたブリを新鮮なまま調理しますよね!

でもプロは違うんです。

キッチンペーパーにブリを包みラップをして冷蔵庫で2から3日寝かせます。

熟成させることで旨みがでるそうです。

熟せさせたぶりに軽く塩を振って30分ほど置いておきます。

面倒くさいでしょうがこの下ごしらえが大事なんです。

プロのテクニック②

プロは焼き方も違います。

ぶりに小麦粉をハケで薄くまぶします。

照りがつきやすくなり型崩れを防ぎまず。

サラダ油をひき、フライパンで焼いているとき魚から出る余分な油を拭き取ってください

そうすることでブリの生臭さをとります。

焼き色がしっかりつくまで片面5分づつ焼きあげます。

タレはぶりに直接かけずフライパンに注ぎます。

たれが焦げて香ばしくなります

スプーンでブリにタレをかけからめれば

プロの「ぶりの照り焼き」の完成です。

プロの美味しい鯖の味噌煮

続いては鯖の味噌煮のレシピです。

普通は鯖を水で洗いますよね!

プロのテクニック①

鯖の皮に十字の飾り包丁をいれます。

そうすることで出来上がりが縮むのを防ぐんです。

鯖に日本酒をかけてラップをして電子レンジで30秒温めます。

取り出した鯖を水で洗い、臭みの原因のヌメリをとります。

プロのテクニック②

鍋に水とお酒をいれ鯖を煮ます。

鯖からでるアクをとることで美味しい鯖の味噌煮になります。

アクを丁寧にとり出汁を透明にします。

砂糖、みりんを加えます。

白味噌赤味噌をブレンドし出汁でとき、生姜をいれます。

アルミホイルで落し蓋をして5分で鯖を取り出します。(鯖が固くなるのを防ぎます)

タレにとろみが出るまで煮詰め、鯖を鍋に戻しタレをからめれば

プロの「鯖の味噌煮」の完成です。

 - プロのレシピ