松本人志ワイドナでのM-1騒動コメントまとめ!審査員辞める!

   

松本人志さんもM-1審査員やめるかも!

今日12月9日放送のワイドナショーで松本人志さんが上沼恵美子さんへの暴言騒動についてコメントしました。

注目のコメントをまとめてみました。

最後には意味深発言もありました。

まずは冒頭で

俺Mー1で泣いてないからね

でした。

そのあと

これでこの話題は終わらせてください

松ちゃんも今日の収録は嫌でよっぽど嫌では休みたかったそうです。

簡単に言うとハロウィーンで騒いでた若者たちと変わらないことを彼らはやってるんですよ。ただまぁ違うのは、彼らはもう40のおっさんだし、上沼さんは軽トラじゃない

 

とろサーモンの久保田、スーパーマラドーナの武智にコメント

彼らは何より勉強不足ですよね。上沼さんという人がどれだけすごい人かわかってない

どれだけすごい功績をのこしてきたか、女性でこの席にすわってるのがどれだけすごいことか本当にわかっていない。

勉強不足だし、勉強が不足しているということすら勉強できていない

松本人志さんも相当怒ってるのが伝わりました。

お酒飲んでSNSすんなって皆言うんですけど、それはそれで変なかばい方だなと思って。いくらお酒飲もうが、全く思ってない事言わないですからね。そこはごまかしたらいけないなと思います」

松本人志さんも過去の審査員への暴言

「僕も若い頃は生放送で審査員にたてついたこともあるんですけど、僕はお酒に任せて言った事はないし、本人に直接言ってきた。その人はお笑いに全く関係ない審査員ですごく偉そうに言ったんで、僕もちょっと途中でキレちゃったんです」

と上沼恵美子さんへのとろサーモンの久保田、スーパーマラドーナの武智のMー1暴言騒動とは全く別ものだと強調しました。

松本人志さんも含めて明石家さんまさんや島田紳助さんなど一線級の芸人さんは自身のプライドもあるし自分が1番だと思ってるので審査委員に対する暴言は若い頃にありました。

でもそのプライドがあるからこそその場で審査員に直接文句を言ってました。

松本人志さんは

お前になにがわかるねん

だったそうです。

松本人志さんが審査員をする理由!

松本人志さんも審査員はやりたくないそうです。

「審査員をやりたいワケじゃない」が、2001年にM-1がスタートする時に島田紳助さんから。「お前に憧れて入って来た奴がいっぱいおんねんから、お前それやらなあかん」と言われたことで、これまで審査員を続けてきた。

とコメントしてます。

でもいま考えたら、僕に憧れてる奴そんなにいないですから

と最後は松本人志さんらしく笑いを誘ってました。

また審査することについては

おそらく上沼さんの事だけを言ってるんじゃないと思うんですよ。

たぶん僕のことも含まれてるんやろうな、審査員に対して何かうっぷんみたなもんが溜まってるんやろなと思うんですよ」

“審査員を一般の人にしたらいい”という意見もあります。

「プロが見てるという緊張感の中でエンターテインメントってすごく向上していくので。一般の人に向けての笑いばっかりやってると、絶対クオリティーは下がって行くと思うんですよね」

松本人志さんが漫才の将来のためにやりたくない審査員をしているのだとわかるコメントでした。

あのお笑いビッグ3の北野武さんも審査員を絶対にやらないそうです。

「自分たちの漫才ブームと今の時代ではネタも違う」

「審査員が判断しちゃいけないこともある。好みだから。

北野武さんでもそれだけ審査をやるのは難しんですね!

最後の意味深コメント

スポンサードリンク



M-1騒動の話題の最後に松本人志さんが発したコメントが気になります。

上沼恵美子さんがいなくなった俺も考えないといけない!

上沼恵美子さんはこの騒動が原因で審査員を辞めるのではないと言ってますが

とろサーモンの久保田、スーパーマラドーナの武智のMー1暴言騒動によって松本人志さんの審査員をすることへの抵抗感が増したのは間違いないでしょう!

当然です。

漫才のクオリティを下げないために本当はやりたくない審査員をやってたんですから!

松本さんが今回のM-1は参加者が一致団結して盛り上げようとしてるのが伝わっって感動したと言って泣いた事が話題になりましたよね!

でもその感動のM-1がとろサーモンの久保田、スーパーマラドーナの武智のMー1暴言騒動によって無茶苦茶になってしまいました。

最後に霜降り明星おめでとうございます。

スポンサードリンク







 

 

 - 芸能